top.gifmenu01.gifmenu01.gifmenu02.gifmenu02.gifmenu03.gifmenu03.gifmenu04.gifmenu04.gifmenu05.gifmenu05.gifmenu06.gifmenu06.gifmenu07.gifmenu07.gif

根気よくMk III リペア
~ドライブシャフトブーツ交換~

2019.01.21.mon

ここ数回、12年ほど不動車だったMk III ミニのリペアを紹介しております。すべてのリペアが済んでから全容を報告すれば良いというご意見もあるでしょう。でも、ひとりで作業を進めながらHPのコラムをマメに更新するのは至難のワザです。だから、このように小出しでひとネタずつ紹介させていただきます。このような言い訳で文字数を埋めつつ、今回はドライブシャフトブーツ交換のお話。

足回りのオーバーホールの際にドライブシャフトブーツが切れかかっっていたので、これも交換することにしました。交換の際にバンドで封印しますが、このバンドは使い切りのタイプです。一度取り外したら再使用できないので、交換する都度新しいバンドで締め直すのです。グリスの補充の際もバンドを外さなければいけないので、その目安でもあり、メンテが施されている証しでもあります。

当方で扱うクルマはなるべく状態を把握して、車検のタイミングで最適なメンテナンスを提案できるようにしたいと考えております。クルマ全体の素性を把握していれば、これまでの履歴で考えれば起こり得るトラブルも事前にある程度予知できたりします。それに消耗部品の交換もタイミングよくできれば無駄な出費も防げます。だから、最初のリペア&メンテナンスにはじっくり時間をかけます。


メンテナンスの様子01
1箇所のメンテナンスで同時に行える補修部品の交換は、同時に行ったほうが効率的ですね。

メンテナンスの様子02
新しいブーツに交換してバンドで留めます。


Mk III リペア
~テンションロッドブッシュ交換~

2019.01.15.tue

そろそろ東京にも雪が降るとかいう予報も流れてきておりますが、こちら北関東・宇都宮の冬は例年通りしっかり寒いです。当店から北の方のエリアはスタッドレスタイヤ必須のエリアなので、もしこちらまでドライブでのお出かけを予定中の方がいらっしゃったら冬タイヤに履き替えてからにしましょうね。冬は寒いので出かけないという方は、愛車のミニをメンテナンスでもしてあげてください。

さて、今回もMk III のリペアの続きです。今回はテンションロッドブッシュを交換しました。こちらはウレタンブッシュを使用していたので、取り外してみたら完全に消失してしまいました。長年放置していた上、もともとウレタンブッシュは1~2年での交換が目安です。12年以上経ったブッシュが粉々に砕け散ったとしても驚くには値しません。とりあえず、工場が汚れるので掃除するだけです。

ちなみに純正のゴムブッシュの場合は10年くらいが交換の目安となるところです。でも、よりシビアな操作性を求めるなら、硬いウレタンブッシュに交換した方が理想の走りに近づくのです。今回もしばらくは当方が慣らし運転をするということで、私好みの走りを実現するために強化ウレタンブッシュに交換してみました。車検ごとにブッシュも交換すると覚えておけば忘れずに済むでしょう。


装着された状態のテンションロッド
交換前、装着された状態のテンションロッドから見えるブッシュはかなり劣化してます。

取り外したテンションロッド
取り外したところ、砕け散ってしまいました。左上の破片が「元ブッシュ」の残骸です。

強化ウレタンブッシュ
強化ウレタンブッシュを装着して走り出す日を心待ちに……いつになることやら(汗)。


2019年もコツコツ進行中
Mk III リペア~フューエルポンプ~

2019.01.07.mon

新年あけましておめでとうございます。本年も定期的に更新して、ミニと当店の周辺情報をご報告させていただきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。新年最初のネタは、昨年に引き続き12年ほど動いていなかったMk III のリペアです。今回ご紹介するのはフューエルポンプのリペア。

今回のフューエルポンプは、モーターとフィルターが一体型になったタイプです。普通に考えればフィルターを交換して使うところですが、中に溜まった燃料の状態を見るとそれほど汚れていないようです。無駄な部品交換はバックヤードビルダーマインドに反するので、フィルターは洗浄して使うことにしたいと思います。全バラにして洗浄し、傷みが激しいホース類は交換します。

このフューエルポンプは外付けとなりますので、フレームにステーを取り付けて装着しました。ステーは当然自作です。取り付ける前にフューエルポンプの動作確認は済んでいます。ちなみに、こちらの車両はリペアが全部済んでも、しばらく慣らし運転的に当方が乗らせていただきたいと思っておりますので、販売車両としてラインナップするのはしばらく先になりますので悪しからず。


取り外したフューエルポンプ
フューエルポンプを取り外します。

フィルタの写真
フィルタ内の燃料は多少のカスが見られる程度なのでフィルタは再使用できます。

バラしたフューエルポンプ
全バラにて洗浄、使える部品と交換部品をチェックします。

フレームに取り付けたステー
フレームに取り付けたステー。排気系に干渉して焼けないように位置を工夫します。


bar02.gif
ミニクーパーファクトリー・バグパイプ 〒320-0827 栃木県宇都宮市花房2丁目9−28 TEL&FAX:028-307-0192 E-mail:info@mini-bagpipe.com
bar01.gif